EX27

久しぶりにカートの話題を...

K-TAIが終わって1カ月ちょっと
もう、ずいぶん前のような気がしますが、本番で使用したEX27エンジンをようやくバラしました

走り始めて1時間半ほどでパワーダウン
その後はエンジンオイル減りまくりだったので、タナ落ちかな?と思っていました

カバー、インマニとバラしていきます
最後は土砂降りの中走っていたので、フライホイールなどあちこちに錆が
カム、ロッカーアーム問題なし
クランクとコンロッドの当たり面も傷もなく綺麗です
ピストンをはずしましたが、リングが折れている気配なし

あれっ、何が原因

ピストンとにらめっこしているとクラックらしきものが
ホントに小さなクラックなので、これが原因とは考えにくいが、とりあえずピストンンリングをはずしてコンロッドもはずします
しかし、ピストンピンがやたら硬くて簡単に外れない

バラシテ見ても小さなクラックにしか見えないが、ルーペを持ってきてじっくり観察すると、クラックがピストンリング溝にそって伸びている
シリンダー壁を確認すると、ちょうどそのあたりにうっすらと傷がついて摩耗しているのが見えた

原因判明です
しかし、これは初めからピストンに巣などがあって走っているうちにクラックが入ったとしか思えないんだけどなぁ

ピストン交換、ボーリング決定です
またもや出費が
画像

この記事へのコメント