タカスサーキット5時間耐久カートレース

日曜日のレースに向けて土曜日はエンジンの試運転、調整、慣らし

ところが、アイドリングはするものの素直に吹き上がってこない

外はけっこうな雨模様のため真夏にセッティングしたキャブかとジェット類の調整
ときおり気持ちよく吹けあがるのでエンジン内部の影響では無いと思うのだがそれが続かない

大きな不安を持ちながらも時間も無くなりスペアエンジンとともに積み込み

そして日曜の朝、福井のタカスサーキットまで3時間ほどで到着
とりあえず雨は上がったばかりのようで空には虹も

早速エンジンの調子を確認したいのだが9時までエンジン始動してはいけないとのサーキット側からの指示
...
9時から予選始まるんだけど

時間になり無事エンジン始動
カートをコースに送り出すのだが...
1周もしないでピットに戻ってきた

アクセル開けるとエンジン止まりそうになる!

とりあえず、キャブを純正のビッグキャブに交換するが症状変わらず
プラグの火が弱いのでコイル、コードを交換するがまたも症状変わらず
とうとう、EX27をあきらめてスペアに持ってきたKX21に乗せ換え

予選は1周も出来ずに最後尾スタートが決定
そして、エンジンがかかったのがレーススタート2分前

他のマシンが全車グリッドについている中、ピットを出て最後尾につける
シグナルブラックアウトで...
エンストしてます

そりゃ1年間ほったらかしにしていたエンジンだけどさぁ

オフィシャルに押されてピットに戻りエンジン再始動してコースに送り出す
とっても調子悪そうにストレートで抜かされまくってますが、数周したころからエンジン吹け始め今度はストレートで抜き始めてます

とりあえず無事走り出したから良しとするが、すでにトップから7周遅れでお手上げです

ま、それからは調子よくトラブルも無く5時間、追い上げ追い上げ8位で完走しました

私もラスト50分ドライバー勤めました
先日優勝した美浜5時間はトップ快走だったのでミスやトラブルをしないよう守りの走りに徹していましたが
今回はひたすら攻めました
タイヤもK-TAIで使用したお古なので私が乗る頃にはすでにズルズル
止まらない、曲がらないマシンでしたが走りは楽しめました

そして昨日、工場にて再度エンジンをEX27に載せ換え原因を。。。
すぐに究明できました
というか、快調に回ってます

配線の接触不良だったようで

あまりにも初歩的なミスでこうしてブログに載せるのもなんだかなぁ

この記事へのコメント