幸田サーキット12時間耐久レース

スポーツカートでの12時間耐久は、これで2回目になると思います
前回は数年前に美浜サーキットで行われています
ちなみに、Racer Racerは優勝してます

9月4日に行われる予定だったのが、台風接近のため直前になって25日に延期が決まりました
そのため、数チームが出場取り消しで結局スポーツカートは2台
あとは、レンタルカートが12台という寂しいエントリーとなりました

つまり勝つか負けるかの勝負

まだ、薄暗いうちから準備をはじめ、スタート前に30分のフリー走行
先頭切ってコースインするもエンジン温まったころに奥のAコーナーでストップしてます
まぁ、オフィシャルもゆるいと言うか、フリー走行を止めたくないため空いているレンタルカートを貸し出してくれて止まっているカートを確認に行きます
エンジンではなさそう、キャブの可能盛大・・・
フリー走行終了後に回収車に乗ってピットへ
すぐにキャブレター交換しますが、レースもすぐにスタート
ピットスタートをしたのはすでにトップから4周遅れ

しかし、マシンは絶好調で追い上げる追い上げる
今回のRacer Racerは6名のドライバーで40分で交代、それぞれ3回乗車の予定で進めていきます
1時間で1周ずつ追い上げていけば、4時間で追いつく。なんて話してたんですが、2番手今回より参加の加藤さんトップのマシンを毎ラップ3~4秒詰めて行き、2時間もたたないうちにトップに躍り出ました

後は淡々と進めていくだけ
当初の予定より2週間開催が遅くなったんですが、この2週間で涼しくなったこと
前回の6時間耐久に比べたら走っていても疲れ方が全然違います

そして、私の2回目の走行はすでにスタートから7時間半がたっていて、2位を20周以上離してぶっちぎりです
ここで、起きました
ストレートエンドの一番回転上がっているときに、エンジンから異音発生
あっ、とすぐにアクセル戻しますが、その直後
ボンッ
エンジン爆発しました

セーフティーカーが入って、マシンがピットに回収
すぐにスペアエンジンと積み替えます
コースでは撒き散らしたオイル処理のためにかなり長い間セーフティーカー入ってました(ゴメンナサイ)
そして、なんとトップから4周遅れの2位でコース復帰
ここから怒涛の追い上げです

またまた、ゴール1時間半前にはトップに復帰
もうその頃には真っ暗です
そして最後残り40分を再び私が担当します
コース全体に照明があるんですが、暗い
2~3コーナーなんか全然見えません
まぁ、無理してもしょうがないので昼間より1秒ほどタイムを落としてそのままトップでゴール
なんと、エンジン載せ代えて優勝してしまいました

来年は、24時間耐久を開催する予定だそうです
色々問題山積みのような気がしますが・・・
とりあえず、もっとたくさんのチームが集まって盛り上がらないとねぇ

でも、楽しい一日過ごせましたよ
画像

う~ん、やっぱりこのカラーリングにこのスーツ似合うわ

この記事へのコメント