2013K-TAI日曜日

もてぎカート漬け3日目
エンジョイクラス7時間耐久レースです
画像

朝から13番ピット4チームで集合写真です

昨日同様スタート順は抽選で出走104台中53番手
K-TAIのローリングスタートは台数が多いため2グループに分けます
そのセカンドグループのポールポジション
メンバーは昨日の4名に加えて、昨日はサポートをしてくれた富士重工社員の3名が加わって7名体制
画像

そして今日も昨日と同じくスタートドライバーはケンさん
セカンドグループがコントロールライン超えたころにはトップはすでにS字に入ってます
うむむ、すでに半周の差がついてるなぁ
2コーナー後のストレートで見守りますが、昨日と違ってトップで2コーナー回ってくるんですが、立ち上がりでボンバーレーシングにすでに抜かれてます
まぁ、それでも大きな差はなく何とかついて言ってる感じで安心

早めにピットインと給油でガソリンをためていく作戦なんですが、徐々に順位も上がってきて2時間たったころにはトップと1周差の24位まで上がってきました
そして4回目のドライバー交代と給油のためにピットイン
給油のためにカートをスタンドに乗せたら、何か下にぶら~んとぶら下がってます
なんだこの黒い物体
バッテリーだ
画像

ステーが外れて、配線だけにつながって引きずって走っていたようで
バッテリーが、路面で削れて三角になってます
中の希硫酸はどうなったんだろう・・・なんて考えてる場合もなく、とりあえず、削れたバッテリーを取り外して別のバッテリーをケースに取り付け、しかし配線は削れてしまってどうにもなりません
しっかりテーピングしてフレームに固定してエンジン始動はリコイルでOK
作業を済ませて、コースに送り出しますが、5分以上のロスタイム
一気に順位が70位まで落ちちゃいます

しかしオフィシャルもよく見ているもので、セルスタートしなかったのは何故かと確認にやってきました
規則書を確認しますが、セルスターターは必備と書いてありますが、セルでスタートしないといけないとは書いてありません
バッテリーもセルモーターも積んであって配線が切れたとのことでOKもらって一安心

残り2時間を切ったところで私が走行担当
あれっ、上が全然廻んないじゃない
走りながら原因はすぐ分ったんですが、走行中ではどうすることもできず
と思っていたら、走行中でも聞こえてくるくらいの雷が
う~~ん、雨より先にこっちが来たか
ポツポツと来ていても前半は問題なかったんですが、ヘアピンからダウンヒルにかけてとうとう来ました
そのままピットに入ろうかと考えたんですが、もう1周できるとメインストレートへ
ピットへタイヤ交換の合図を送り、1コーナーに向かうと目の前にセーフティーカーが
最悪のタイミング
ダートラ25年やってた私としては全く問題なくスリックで走れる自信あったんですが、どうしようもありません
翌週ピットに入ってタイヤ交換しようとしたところで赤旗中断

残り1時間10分を担当する予定だった伊藤君がヘルメット被ったまま待機
そして雷雨です
まぁ、雨だけではなく雷も来てしまえば赤旗も仕方ないよなぁって思いますが、すぐに雨も止み雷も遠ざかって行きます
廻りも再スタートは何時かと、雨の止んだピットロードに出て指示はまだかとやきもき

ところが、競技成立で走行中止のアナウンス
まぁ、一番がっかりしたのは1周もしていない伊藤君だろうなぁ

結局、徐々に順位を上げたものの、セーフティーカー出た時点での周回数で46位完走となりました
熱い戦いは終わりましたが、再び雨あがりに記念撮影
画像

富士重工の産業機器事業部と自動車部門にSTIのメンバーもそろって盛り上がり~~
楽しいカート漬け3日間は終わりました

来年はどう攻めるかなぁ・・・

この記事へのコメント